エクステリアの危険性

玄関先

年間を通して犯罪は起きているのがこの世の中です。特に窃空き巣などは毎日のようにどこかで行われており被害がでています。空き巣からの被害をなくすためにエクステリアを改良する家庭が増えてきています。塀や門扉などもエクステリアの含まれており、これらを改良することによって空き巣からの被害を少なくすることが出来ます。エクステリアのリフォームと聞くと大掛かりなイメージがありますが、小さなリフォームもありますので、自分の予算に合った部分から少しずつ変化させて行きましょう。エクステリアの種類として、塀などのないオープンスタイル、目隠しなどがあるセミオープンスタイル、塀などで全部隠しているクローズスタイルなどがあります。スタイルによって対策方法も変わります。自分の家にマッチするスタイルに合ったリフォームをしましょう。

空き巣に狙われやすいエクステリアもあります。クローズスタイルは一番効果が高そうですが、実は危険になる可能性があるのです。塀が高い場合であれば良いのですが、中途半端な高さで侵入することが出来るようであれば要注意が必要になります。侵入後は外から見えにくくなりますので、中で行われていることが確認できませんのでしっかりとケアする必要があります。エクステリアが荒れている時も危険です。エクステリア部分が荒れている家は中を確認することが出来ますし、侵入後も作業をしやすくなります。また、空き巣だけでなく不審者も近づいてくる可能性が高くなりますので気をつけましょう。エクステリアとして木が生えているのも危険です。外からの目隠しになるだけでなく、建物の上階への侵入口となってしまいますので、危険性の増長となる可能性が高くなります。隣の家にも侵入しやすくなっていまいますので、お隣への被害や逃走経路の助長となります。エクステリアは見た目を良くしますが、適当な配置だと危険になることもあるので、考えて配置しましょう。