手頃な防犯対策

散水する

エクステリアを強化することで防犯効果を高くすることが可能となります。意識を変えるだけでも効果のある方法がありますので、知識として入れておくといつか役立つ時が来るかも知れません。すぐに実践することで効果を得ることが出来るものもありますので、防犯対策をしたいのであればチャレンジしてみると良いでしょう。一番効果的な方法としてエクステリアの掃除をすることです。エクステリアが汚れている場所は空き巣にとって習われやすくなります。空き巣だけでなく、別の犯罪を助長することにもなりますのでなるべくは清潔にしておいた方が良いです。掃除をする時間が取れないというのであれば、エクステリアを手入れしなくても大丈夫な素材に変えましょう。庭の場合などは、植物が綺麗な雰囲ですが、掃除などを行わないと外観を損なうことになると同時に放火などの被害にも合いやすくなります。エクステリアをリフォームするのならば、手間がかからない物をチョイスすると良いでしょう。

エクステリア対策は他にもあります。まずは、足場を作らないようにしましょう。フェンスや塀は外観を良くするためにも、近隣に迷惑をかけないためにも大切です。ですが、足場となる部分があるとそこから侵入されやすくなってしまいますので警戒が必要です。2メートル以上の高さがあれば空き巣も侵入しにくくなりますので、高さのある外壁を作りましょう。そこに足場となる様なアイテムを放置しておくと意味がなくなりますので、周辺のアイテム管理もキチンとしましょう。センサーライトも効果的です。人を感知するとセンサーが光ますので、大抵の場合は退散する人が多いです。仮にそのまま進行してきたとしても、近所の人が光を見ている可能性などもあり、事件発生の裏をとることが出来ます。録画機能月のインターホンも効果的です。中の人の確認のためにインターホンを鳴らす人がいますので、その記録を録画できれば被害に合っても犯人を確保出来ます。余裕があるのならば、石を敷き詰めるのも良いです。石の上を歩くと音がしますので視覚からの侵入も防ぐことが出来ます。簡単な方法もあるので、実践出来そうなことから実践してみましょう。